査定から買取までの流れ

仲介と買取のお取引の流れ

不動産の売買は、取引金額も大きく、人生でそう何度も経験する事ではないと思います。そこで、不動産の売却は初めて、というお客様も安心して売買を進められるように、仲介と買取のお取引の流れをまとめました。
2つのお取引方法の比較としても、お役立ていただけると思いますので、ぜひ、ご参考としてください。

  • 従来の仲介による買取
  • 不動産買取.comの買取
  • 査定依頼

    お客様より、 お電話等により仲介会社に査定の依頼を申し込みます。

    1
  • 査定依頼

    無料査定依頼フォームより、登記簿謄本や建物図面を元に物件情報とお客様のご連絡先に関する必要項目をご入力の上、送信して頂きます。早ければ約3分程度で完了できます。
    その後、不動産買取ドットコムスタッフが建物内覧や、物件調査を行います。

    1
  • 査定価格提示

    仲介業者が建物内覧や、物件調査を行い 売却の可能な予想価格を基準として、価格査定を掲示されます。あくまでも最初の売出し価格なので、成約価格ではございません。
    ※仲介の依頼を取り付ける為に高値を提示される場合もございますので、適正価格かどうかが注意しなければなりません。

    2
  • 買取価格の提示

    送信頂いた情報を元に、お客様に査定依頼確認のご一報を入れさせて頂き、不動産買取ドットコム栃木店のスタッフが、独自の価格査定方法により、物件の価格を査定いたします。調査完了後、お電話又はEメールにより査定結果をご連絡いたします。(最短で翌日からとなります)
    査定価格は予想価格ではなく、実際の買い取り価格をご提示します。

    2
  • 広告期間

    ご依頼の数日後に広告等により、買い手探しが始まります。物件に興味のあるお客様が現れると、現地案内となりますが、何人も見に来ているのに、数ヶ月経過しても買い手が見つからないケースも多々ありますので、その場合は価格を値下げして再度の販売という流れも予想されます。

    3
  • お打ち合わせ

    買い取り価格にご納得頂いた時点で、売買の時期や引渡し条件等のお打ち合わせを行います。
    お客様のご都合に合わせたスケジューリングが可能となりますので、慌てることなく、売買に必要な準備を整えていただけます。

    3
  • 購入希望者からの申し込み

    一般個人の購入者がようやく見つかっても、値引き交渉や買手の有利な条件を強いられる事も珍しくありません、双方の引渡し日の食い違いや、支払い条件等で白紙に戻ることもあります。

    4
  • 売買価格交渉

    購入希望者、売主共に、希望条件の提示は仲介業者主導で行われ、購入希望者との直接交渉は出来ない事が一般的です。したがって購入希望者の本当の言葉や気持ちを受け取ることは出来ず、仲介業者から伝えられる内容で検討するしかありません。

    5
  • 売買契約

    一般個人の方が買手の場合、ローンを組むケースが多くございます。その場合、買手のローンが不成立の際は、白紙解約となる特約をつける事が慣行となっております。「無事契約が終了して喜んでいたら解約になってしまった・・・」なんて事も珍しくありません。

    6
  • 売買契約

    売買条件のお打ち合わせ後、ご納得頂いた上で、買い取り提示(査定)価格でご契約を締結いたします。ご契約に関してご不明な点などある場合は、お気軽にご質問いただけます。
    基本的に売買条件は現況有姿ですので、建物の故障等も事前にご説明頂くのみで構いません。

    4
  • 残金決済

    当初の価格提示から売却完了までに要する期間が3ヶ月なのか1年なのかは、結果以外には判断が付きません。長期の販売期間によって、相場自体が下落してしまい、後手を踏んでしまった方も、数多くいらっしゃいましたので、要注意点です。

    7
  • 残金決済

    売買契約完了後、代金のお支払い手続きとなります。
    買取価格のご提示(2)より、最短3日~30日(土・日・祝日を除く)で現金化が可能です。

    5

査定の際、建物がある場合は内覧させていただく事が必要となります。
※物件、地域によってはお取り扱い出来ない場合もございます。

取扱い不動産

「岐阜店」査定対応エリア

岐阜市、各務原市、大垣市、瑞穂市、羽島市、羽島郡笠松町、羽島郡岐南町、本巣郡北方町、関市、美濃市、山県市、多治見市、美濃加茂市、可児市